モテモテ王に俺はなる!

こんにちは(≧∀≦)たかしんと言います!都内で大学生してる☆思いきり大学生活をエンジョイするために学んだことをお伝えします!

【30代ビジネスマンへ】ブックオフ元社長の橋本真由美さんから学ぶ仕事術

f:id:y292hnb4r877:20190715185048j:image

引用元:本・家電を売るならBOOKOFF(ブックオフ)

マッディーです。

三連休いかがお過ごしでしょうか?

 

昨日は、会社のメンバーとホームパーティでした。

柄にも無く飲み過ぎましたので本日は読書Dayです。

 

創業してからは特に社長のお話を読むことが多いです。

今日はブックオフの元社長の記事を見ました。

 

何歳になっても挑戦出来るということを感じましたね。

特に30代以上の方で、自分はまだこれから大きな挑戦をしていきたいと思われている方はぜひ読んでほしいです。

 

記事はこちらです。

ブックオフ・橋本元社長「41歳で始めたバイトから社長に。遅すぎなんてない」

これは、、、すごい!

ブックオフの元社長である橋本真由美さんのお話です。

パートタイマーから社長へ駆け上がられた実績はもちろんですが、スタートが41歳というから驚きです。

 

橋本さんのお話から学んだことを2点記載したいと思います。

 

 

1.夢中になるためには目の前のことに集中する

f:id:y292hnb4r877:20190715185330j:image

引用元:ブックオフ・橋本元社長「41歳で始めたバイトから社長に。遅すぎなんてない」ブックオフ・橋本元社長「41歳で始めたバイトから社長に。遅すぎなんてない」

 

記事の中で、自身が社長になった原因についてこう触れられています。

 

とにかく目の前にあることを一生懸命やっていた

 

パートタイマーからの出発ということなので、ルーティンの作業など多くの仕事を任される場面が多かったと想像します。

 

橋本さんの夢中になる姿勢、ぜひ私も取り入れて行きたいなと思います。

 

そして更に大切なのは目的意識。

 

夢中になった先に達成することを思い描くことも大切だなと記事を読んでいて感じました。

 

 

2.自分の得意を発見し、そこに集中してみる

f:id:y292hnb4r877:20190715190009j:image

大事なのは「私にしかできないこと」を探すことです。

 

私は誰しも、自身の得意な分野を持っていると考えています。

その得意なことが、自分が好きな仕事と一致しなくてもまずは取り組んでみようと橋本さんは話されています。

 

30代になり仕事がマンネリ化、あるいはここから先の人生がボンヤリと見えてしまった感のある方、ぜひこの考え方を取り入れてみてはいかがでしょう?

 

私自身、改めて自分自身の得意なことを発見してみようと思います。

 

 

最後に

私も含めて30代は、勢いだけで生きていく年代ではなくなると思います。

家族、会社、友人など自分を含めた環境の変化が大きくなる年代だからこそ、改めて自分と向き合ってみてはいかがでしょう?

 

さて、三連休でエネルギーチャージして明日からお仕事の方多いと思います。

私は明日午後から面接が一件あります。

新しい仲間が増えるかもしれないとワクワクしております。

 

履歴書に書いてある最近流行のスイーツに対する考察が秀逸ですね。

うちの会社に新しい風を吹き込んでくれそうな人財です。

名前はあやねさんと言うのですか。

 

明日が待ち遠しいですね。

それでは、また。